FC2ブログ

プライド&スロウス。

続けて、アンチ的な発言をします。
大好きだったけど、嫌いになった。そんな作品、ありますよね? 漫画の場合、休載しまくるとそうなってしまいます。代表例は『Yつばと』のA・K先生。さすがに、「もうういいや」ってなりました。『H×H』とかは、はなから好きではないので、どうでもいいです。まとまりのない絵柄が嫌い。

hgr-02b.jpg

鋼の錬金術師 傷の男(スカー)

HG 鋼の錬金術師2 バンダイ 200円 2004年9月発売

『Hガレン』のA・H先生も最近よく休むようになりました。当初は家族の病気の看病、とか言ってましたけど、同時に月刊誌で連載はじめましたからね。「ほんとかなぁ?」って疑っちゃいます。
あとねぇ。さんざん世話になったGンガン見捨てて、Sンデーに身売りしたのも気に入らないですね。かつては門前払いくらったとこに、よく尻尾振るな、と。例の野球選手と一緒じゃん。

実は私は(←漫画のタイトルではない)、漫画のアニメ化ってものに反対なんですよねぇ。なぜか? 上記の通りです。アニメ化すると原作の漫画が休載しがちになる。ズバリ言わせてもらうと、人気が出たら天狗になるんですかね、作家さんが。あ、もしかしたら、最近はそんな制度があるんですかね、出版社の中で? ある程度人気が出たら休んでいい、って暗黙のルールが。

とにかくねぇ。ムカつくんですよ。お目当ての漫画が落ちてたりしたら。立ち読みとかだったらまだしも、買って、家帰って、ワクワクしながら開いたら・・・休載って。「金返せ!」ってなりますよ。え? 中を確認? 最近はね、立ち読み防止に輪ゴムとか紐とかビニールとかしてるんですよ。付録がついてるときもダメですね。店員さんにでも聞きますか? 「あの漫画載ってますか?」って?

A・H先生が男性だと思ってた頃は、大好きだったのに・・・。
たいへんよくできました。
Author by あとでかえる / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /
スポンサードリンク

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://figure41.blog.fc2.com/tb.php/509-86039ab9