FC2ブログ

造形道。

本物のフィギュア作りは、原型が完成して終わりって訳ではありません。ここで言う”本物”とは、いわゆる”商業的”展開の場合ですね。量産して、売る場合のことを考えます。

フィギュアを複製する場合は”金型”と言うものが必要となります。また、その金型を作る為には、フィギュアをパーツ化する必要があります。よほどの簡単な造形の物なら、そのままか型取りってことも可能でしょうけど。ま、美少女フィギュアは、やっぱ構造がややこしくなりますよね。

えー、どうなんでしょ? 確か、原型をノコギリか何かで切断するんですよね? その切断の仕方にも配慮が必要です。いかに接合部分を目立たなくするか。その辺りにもセンスが必要です。ガチャガチャなんかの場合は、ちゃんとカプセル内に収まるようにしなければなりません。

ガレキなら、そのままキットとして販売ですか。ちゃんとした完成品フィギュアであれば、ここから組み立てて塗装となります。逆か。塗装してから組み立てるのかな? ま、中国のおばちゃんによる手作業となるんでしょうね。『DG』みたいな塗装技術もあるようですが・・・あれはまだまだ発展途上?

ま、とにかくですな。フィギュア制作ってものが、いかに大変なものか、身をもって分かりました。今後は多少の泥フィギュアでも馬鹿にしないようにします。

gcc-59.jpg


  ガンダムコレクションVol.8
  MSM-03C ハイゴッグ

  バンダイ 180円(税込) 2004年7月発売


なんとなく、ハイゴッグ(ク?)。ガンコレの金型は、まだ取ってありますよね? まさか捨てたりはしないでしょう。会社の財産です。再販・・・・・・いや、やっぱ新作希望。
たいへんよくできました。
Author by あとでかえる / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /
スポンサードリンク

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://figure41.blog.fc2.com/tb.php/573-d1b1704e